伊庭工務店 トップページ

構造材へのこだわり

なぜ国産材にこだわるのか 森林を守り環境にも貢献、国産材でつくる家

 

日本の国土の約7割が山、森林です。
適切に管理され、木が育成している森林は、きれいな水を蓄え、空気を浄化し、洪水や土砂崩れを防止するなど、自然災害から私たちの生活を守ってくれています。山、森林を適切に手入れしなくては、森林は荒れてしまい、このような役割を十分に果たせなくなります。
また、育ち盛りの若い木は、光合成により二酸化炭素(CO2)を吸収・固定し成長します。ですが、CO2の吸収・固定が盛んに行われるのは、成長過程にある森林です。木も高齢なるとあまり成長しなくなるとともに、CO2の吸収も少なくなってきます。十分に成長した木を伐採・加工し、木造住宅などに積極的に使用することで、伐採した森林に新たに植林することができ、新たな若い木々がCO2の吸収をしてくれます。
国産材を使って家を建てるということは、環境保護や自然災害の防止、国内の林業や地域の活性化へとつながっていきます。そして日本の気候の中で育った「無垢材」を用い、正しい知識と技術で造られる伝統的な木造軸組工法の家は、シックハウス症候群のような化学物質の汚染もなく、優れた調湿効果を発揮し、快適な居住環境を作り出すことが出来ます。
伊庭工務店の主要構造材は、関東近郊の良質な家づくりを学ぶ工務店・材木店の仲間達と共に、構造材として優良な木が育つ環境を持つ山探し、それを高度な技術で育成・加工することが出来る森林組合探しから始まりました。木造住宅に最適な木が育つ環境と、その森林を管理育成し、樹種別に構造材として最適な管理・乾燥・加工を行い、一本一本検査し、基準をクリアした木材のみを提供してくれる森林組合と協力関係を結んでいます。その管理の行き届いた森林組合が育てた国産の優良な杉・檜の無垢材を主要構造材として使用しています。

 
厳選された芯持ち無垢材 選び抜かれた構造材でつくる「木の家」
 

伊庭工務店の造る「木の家」は、厳選された骨太素材を正しい乾燥技術と加工技術で製材し、全数検査された芯持ち無垢材を使用しています。山から切り出された木材は、材質が均一ではなく、湿気によって木に変形が生じてしまいます。こうした反りやゆがみ等を抑えるために木材を乾燥させ、強度を高めることが必要になります。
 
伊庭工務店が使用する無垢材の特徴は、

 ・木材の狂いにくさを表す含水率の上限を15%(檜は20%)
 ・木材の強さを表すヤング係数をE-70以上

を基準値とし、サンプリング検査ではなく全数検査を行い、構造体として耐久性に優れた部材となっています。
この品質へのこだわりが他の追随を許さない程の木材性能を発揮し、伊庭工務店の家づくりには欠かせないものとなっています。

 

 

  • ゼロエネルギー住宅モニター募集

  • kitchen&Living Style Select


  • イベント情報

    イベント企画中

    新規物件続々と着工中です。 見学・お問合せ、随時対応しております。 また新規イベントも企画中です! 詳細決まり次第、ご案内いたします。

      スタッフブログ

  • 賃貸住宅経営・土地活用
  • Poorich Facebookページ
  • ページトップ