,

ゲストが長居したくなる居心地のよい家

2019年 横浜市鶴見区

ブラウンを基調としたシックで落ち着いた外観。
広々とした駐車スペースも確保。

 

湿気がこもりがちなシューズインクローゼットは
扉を付けずに換気と使い勝手を優先。
玄関脇の収納もロールスクリーンで上手に目隠し。

 

各居室に入らなくても、玄関入ってすぐに手洗いできるサブ洗面。
ほどよいパーテーションで、お出かけ前の化粧直しにも〇。

 

天井に現しになった構造梁もデザインの一部に。
広々としたLDKでは大人数の食事も楽しくなりそう。

 

LDKに隣接した和室。
間仕切りもあるため、プライベート空間としても利用できる。
玄関ホールからの出入りも可能。

 

ホール脇の書斎。
室内のスリット窓が洒落た雰囲気を醸し出します。

 

ゲスト向きに作られたトイレ。
濃い木目のアクセントクロスと、モルタル調のフロアタイルで
シンプルかつ落ち着いた空間に。

 


各居室もご夫婦、お子様と使う人のイメージに合わせ
アクセントクロスを選定。
母屋下がりを利用した収納も、あえて扉を付けず、
ロールスクリーンでシンプルに。

PAGE TOP