洗練されたプレミアムスタイルな家

2022年 世田谷区


エントランスから水回りまでは、床はこだわりのタイル仕様。
一気にホテルライクな空間に引き込まれる。
スイッチや階段柱・手摺もマットブラックで統一。

 

土間サイドには大容量のシューズインクローゼットが。
ハンガー設置もあり、使い勝手も良好。

 

セミオーダーのサイドキャビネット付の洗面台。
タイル貼りでデザイン性を出しつつも、収納量も重視。

 

広々ユニットバスは石目調の全面パネルで統一。
お風呂タイムもラグジュアリーにゆったりと。

 


暗くなりがちな1階の寝室もスリット窓と高窓から、しっかり明かりを確保。

 

L字スペースを無駄なく利用したウォークインクローゼット。
ユニット収納も1つ1つ検討して設置。注文住宅ならではのスペック。

 



LDKは、スケルトン階段や透明の腰パネル、階段ホールの大きなFIX窓、
間接照明を仕込んだ折り上げ天井、明るいウッドカラーの床など、
広さと開放感を巧みに演出。

 


キッチン前の一角には、LDKでごちゃつきがちな小物類を一気に片付けられる収納を配置。
お子様のリビング勉強にも使える造作デスクは、
キッチンに立つママからの目線も届き◎

 


リビングにさらなる開放感を創り出すバルコニー。
スリット格子の高い手すりがプライバシーを守っている。

 


キッチン背面には、大容量のパントリー。
キッチンには必要なものだけ出せばよいので、
いつもすっきり。

 


温熱環境を整えるマッハシステムにより、
全館が一年を通して快適に。

 

落ち着いたダークなデザインのトイレ空間。
広さを確保し、大きめの収納ありでも、窮屈な印象はない。

 


ヘキサゴンタイルを配した、こだわりの手洗いコーナー。
グレイッシュなスタイルが、ブラックフレームミラーと綺麗に融合。

 

LDKと同フロアにある書斎。
小さな空間だが、扉の設置で、
落ち着きのあるプライベートな空間に。

 


微妙にグレーがかったクロスで仕上げた子供部屋。
成長しても飽きのこない、甘過ぎず、辛過ぎずのデザイン。
こちらもいずれは間仕切りで、いずれは2部屋にできる設計に。

PAGE TOP