狭小地を利用したコンパクトな家

2019年 豊島区

両隣の店舗に挟まれたミニマムな外観。
道路境界を越えないように引き戸を採用。
白いタイル貼りの外観にマッチしたホワイトの木目で可愛らしい印象に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床、カウンター収納ともに、オーク系の色柄で揃えた
ナチュラルなLDK。
細長い空間に配した、外観に似たタイルがよりスタイリッシュな印象に。

 

 

 

 

 

LDK上にはロフトを設置。
オープン壁で部屋の明かりを十分に採り込むとともに、
窓からの採光も楽しめるくつろぎのスペースに。

 

ロフト下の天井部分は、化粧梁で、小屋風なイメージを再現。

 

洋室にも気をあらわにした化粧梁を取付。
明るい陽射しの中で、ゆるやかな空気の流れを体感。

 

UBとトイレをひとつながりにして、省スペースに。
狭小という空間を無駄なく使うアイデアが要所にみられる。

PAGE TOP